統合医療による癌治療セカンドオピニオンネットワーク NPO法人 統合医療推進会

統合医療・白豆杉・紅豆杉 セカンドオピニオン

治療の選択肢の幅を広げる統合医療で注目のフコイダンについて

学会風景

年に2〜3回、「フコイダン療法」を実践・研究されている医師が集まり、様々な病例について話し合い、医師自らのステップアップと統合医療の発展を図っています。

フコイダンは、1996年の日本癌学会において論文発表され、全世界においても百種類以上の論文が発表されております。

がんの治療では、「手術」、「放射線療法」、「抗がん剤治療」、などが3大標準療法とされています。さらに、これら3大療法を補うものとして、『代替療法』があります。健康食品によるものや、鍼、 灸、気功、アロマセラピー、心理療法、温泉療法、イメージ療法、音楽療法・・・などさまざまにあります。 西洋医学の限界を補うという意味において、これらを希望する方が増えています。

フコイダン基礎研究

白畑 實隆
九州大学大学院農学研究院
遺伝子資源工学部門 教授
白畑 實隆 教授
1973年 九州大学農学部食糧化学工学科卒業
1978年 九州大学大学院農学研究院食糧化学工学専攻
      博士課程修了 博士号取得
1989年 九州大学大学院農学研究科
      遺伝子資源工学専攻助教授
1995年 同教授
2000年 九州大学大学院農学研究院遺伝子資源工学部門教授
2003年 九州大学大学院システム生命科学府
       システム生命科学専攻 生命工学講座教授 併任
1991年 日本農芸化学会奨励賞受賞
(無血清培養法による動物細胞の代謝調節に関する研究)

白畑教授のコメント:

フコイダンはワカメ、モズクやコンブなどの褐藻類に含まれている海藻由来の多糖類を総称した名前です。フコイダンにはガラクトースやフコース、ウロン酸やキシロール等が含まれているが、硫酸基がついたフコースを多く含んで、細胞のさまざまな機能へ影響を与えることが明らかにされてるのです。現在までに解明されたフコイダンの機能とは、抗腫瘍作用や免疫賦活作用、抗コレステロール低下作用や中性脂肪低下作用、抗ウイルス作用、抗血液凝固作用、肝機能向上作用など実に様々な作用があります。
私達は、吸収されやすいように低分子化処理をしたフコイダンが腫瘍抑制効果を示すという臨床報告に注目して研究を行っております。ヒトで効果があることがすでに示されている物質がどのように働いているのかを明らかにすることはさほど困難なことではないと思われます。逆に、試験管内あるいは動物実験では効果があっても最終段階のヒトで効果がないという例もたくさんあります。フコイダンはガンだけなく、糖尿病、アレルギー症、うつ病など様々な病気にも効果が期待されます。
フコイダンの利点は1日の飲む量が数100ml程度と大変少なくて済むので、衰弱した方でも毎日無理することなく摂取できるのではないかと思います。また、食品成分なので、副作用が少ないところも重要だと思れます。