統合医療による癌治療セカンドオピニオンネットワーク NPO法人 統合医療推進会

統合医療・白豆杉・紅豆杉 セカンドオピニオン

治療の選択肢の幅を広げる統合医療で注目のフコイダンについて

和田 洋巳 先生

フコイダンは、モズク・わかめ・コンブ等の海藻に含まれる硫酸化多糖類であり、ぬるぬるしている成分です。

フコースと呼ばれている糖に硫酸基が結合したものが、数多く連結したものの総称として、フコイダンと呼ばれております。
もずくには、コンブやわかめに比べて、約5倍から8倍のフコイダンが含まれています。

1996年、第55回日本癌学会にて「フコイダンの抗がん作用の研究報告」が発表され、がん細胞(異常細胞)だけを自滅させる「アトポーシス誘導作用」という内容で脚光を浴びました。

第55回日本癌学会ではフコイダンは「キノコ系」健康食品のように免疫活性作用があるだけでなく、がん細胞に直接働いて、アポトーシスをおこさせる作用があるとされています。

最近ではフコイダンに関する研究に世界中の研究者が注目しています。全世界で、100種類以上の論文が発表されており、各分野で研究されております。

代替療法の採用で、抗がん剤や放射線療法の副作用が軽度ですんだり、体調がよい、食欲が出る、よく眠れるなどのことがあれば、化学療法を完遂できる可能性も高くなります。

まず、どんな治療を受けるにしても、QOL(生活の質)を高く保つことが「がん克服」のキーポイントのひとつとなります。

アポトーシスとは・・

体内では古い細胞が壊れて、新たな細胞が誕生してくるという代謝が繰り返されて、体の健康を保持しています。
この古くなった細胞が自滅していく事をアトポーシスといいます。
癌細胞はアポトーシスが出来ずに、どこまでも分裂して増殖を繰り返します。