統合医療による癌治療セカンドオピニオンネットワーク NPO法人 統合医療推進会

統合医療・フコイダン療法・紅豆杉 セカンドオピニオン

セカンドオピニオン(フコイダン療法、紅豆杉 等)

お問合せ先
■ 関東地区 藤沼 秀光 先生
藤沼医院

藤沼 秀光 先生
鳥居 伸一郎 先生
居泌尿器科・内科

鳥居 伸一郎 先生
 
 
  森 由雄 先生
森クリニック

森 由雄 先生
木下 和之 先生
信濃町外苑診療所

木下 和之 先生
 
 
■ 中部東海地区 田中 真司 先生
たなかクリニック
田中 真司 先生
内藤 康弘 先生
内藤メディカル
クリニック

内藤 康弘 先生
 
 
■ 近畿地区 木下 和之 先生
木下内科

木下 和之 先生
   
 
■ 中国・四国地区 柴田 高志 先生
倉敷光クリニック
柴田 高志 先生

 


最新の統合医療で癌治療

西洋医学的な治療を柱に、「代替医療」もプラスした、「統合医療」で、がんを克服される方が多くなってきました。

まずは、主治医の先生の説明を十分に理解する必要があります。
とはいえ、ご本人にとっては、ショックで、しばらくは心の余裕もないことでしょうから、家族が、しっかりと支えてあげることがとても大切です。そうして、主治医の治療方針を十分に理解して、積極的な気持ちで臨むことが良い結果につながります。

いつ、どのような手術を行うのか?
また、手術の前にできることはないのか?
放射線や抗がん剤治療の目的や、期間は?
そのために、自分の免疫力や体力をどのように確保するのか?
再発や、転移を防ぐために、できることは何なのか?
また、どんな厳しい状況になったとしても、
治療をあきらめないで、立ち向かうにはどのようにしたらよいのか?

当会で、ご紹介しているドクターは口をそろえて、「患者自身が主役」として、がん治療に取り組む姿勢こそが、重要だとおっしゃいます。
西洋医学と平行して、音楽療法や、温熱療法、イメージ療法、気功など、「自然治癒力を高める」さまざまな「代替療法」方法を取り入れるのもよいことでしょう。がん患者の半数以上の方が、何らかの健康食品を取り入れているという調査もありますが、素人判断で、安易に健康食品に頼りすぎるのは、おすすめできません。

「代替療法」を取り入れるにも、きちっとしたドクターのサポートが欠かせません。
がんの部位、進行度、また年齢・・・人によって状態は違います。
その治療方法も100人100様とまで言われています。セカンドオピニオンとして、経験豊富なドクターに相談することで、「あなた任せではない、自分自身のがん治療」をはじめることができます。
当会では、医療機関と連携し、患者自らが選択できる統合医療を推奨しています。

  • がんと診断され、これから治療をはじめようという方
  • 現在、なんらか治療中ではあるけれど、不安や迷いがあるという方
  • 再発や転移が発見され、これからの治療法について悩んでいるという方
  • 進行がんや末期がんをなんとか克服したいと考えている方
患者さんご本人に限らず、そのご家族の方のご相談も可能です。